前回に引き続き、「転職をしたくなったときに考えること」です。

転職したくなったら考えること その1

“自立独立する自信がついたので、マイペースにやりたい“

会社などに勤めていて、自分で独立する場合です。時間は自由ですし、やっただけの成果も返ってきます。
お客様のありがたさが本当に身にしみて分かるのも、周りの方々の支えに深い感謝の気持ちが湧くのも独立の良さです。

私自身、一人で独立開業したのでこの体験をしました。
今でも周りで温かく見守り、手を差し伸べてくださる方々のありがたさをしみじみと感じています。

でも良いことばかりではありません。

やることが多いことに気付かされます。

経理の知識はありますか?

技術や知識だけではなく、宣伝することや売り込むこと、集客はできますか?

仕入れ先との関係づくりはできていますか?

家族と過ごす時間はやプライベートな時間はありますか?

仕事の量は本当に一人でそれだけやりきれますか?

人を雇うとして、自分の分の給料も確保できますか?

健康健診を受けるなど自分自身のメンテナンスはできますか?

私はやりたい気持ちで突き進んだタイプなので、始めてから全て試行錯誤を繰り返しました。
実際にやりながら経理を覚えて経済をまわし、家族の時間と仕事の時間を両立させるためにスケジュール管理をし、自分に合った仕事量とやり方に気づき、自分自身をメンテナンスする大切さを知る体験をひとつひとつしてきました。

とても遠回りしています。
最初に勤めをやめてから10年近く、ようやく自分にあったペースでやれるとようになったところです。
早く軌道に乗せて、好きな仕事で楽しくやりたいと思うかたにはお勧めできません。

夢に向かって突き進めば大丈夫!と言うこともできますが、自分を信頼しきって楽観的にやっていても、向き合わなければならないことは結果的に同じなので、もう少し具体的に知っていた方が助かるものです。

だからこそ、ご相談いただいたかたには始める前に上のことに想像力を働かせていただきます。
特に、お給料をもらってやっている時と、自分で経営していくことの差は大きいので、現実と向き合うことの大切さ、経営者になることの意味も考えていただけるようにお話しします。

ご本人の中でも引っかかっているのもその点で、進みきれない原因にもなっているので、一度起業計画を立ててしっかりと土台づくりをするのも大切です。
経理などに自信がなければプロの協力ももらいましょう。

経営者になって全てを自分で背負うよりも、仕事の中身に集中して充実させたいのであれば、独立しない方が安心して自分らしさを発揮できることもあります。

ご自分がどちらのタイプかじっくりと考えてみてくださいね。

“なんとなく違う気がする“

客観的に聞くと、そんなことで転職するの?と言いたくなるかもしれませんが、そこには根深い問題があったりします。

その違和感、掘り下げてみてください。
自分とのギャップに気づいているか、あまり仕事に向き合っていないかです。
どちらにしろ、自分の内面を深く見つめ直すチャンスなので、そのなんとなくがどこからきているのか考えることで、答えが見えてきます。

「なんとなく違う」でセッションを受けにきてくださるかたは多くありませんが、そう思っているかたは多いのではないでしょうか。でもそれは自分自身について本当によく考えてみたいという気持ちの現れです。

世の中のことをよく知らない学生のうちに親や先生の言われるそのままに決めた進路や就職先。
学校を卒業後そのまま就職。
大人として社会に出てなんとなくやれているけれど、心がついていっていない。
誰も自分の本当の気持ちを聞いてくれないし、自分自身もよくわからないから話さない。
素直に過ごしてきたので問題は起こさないし、起こらない。

でも、何かが違う。

どこかに置いてきてしまった何かを思い出さなければならない。
もっと人生を楽しめるはず。

そんな思いほど頭をぐるぐる巡るもの。
それがひどくなると仕事に行けなくなってしまったりします。

好きなことをどんどん行動に移して、積極的につかみにいっているかたには理解しにくいかもしれませんが、今の若い方たちに多い傾向です。
他者を理解する教育が行き届きすぎていて、指示されたことをうまくやることはできても、自分自身がどうしたいか考えることができていないのです。
“人の気持ちを考えよう“ “人の期待に応えよう“と。

そこから一歩踏み出すためにすることは、意外とシンプルです。
『今日自分は何がしたい』『何が食べたい』『誰といたい』と自分の意思を確かめて、自分自身の意思でその行動をしてみることです。

そして、喜びを味わうこと。

自分のことがよくわからない。
自己主張の仕方もわからない。
そのせいで自分自身を好きになれず、自己肯定感も低くなってしまう。

だからこそ、自分の意思を出していくというシンプルな体験を丁寧にしていくことが必要なのです。

ご本人と向き合って心の中にある本音やインナーチャイルドのことを話していると自然と涙を流されます。
気づきたかった、気づいて欲しかったと体と心が反応しているのです。
セッションでは、深い心の声を引き出す事で、自分との付き合い方を知っていただいています。

ひとつひとつ丁寧に対応していくことで、きちんと自分を取り戻していくことができます。
自分自身を置き去りにせず、人のために働くこともできます。
そのバランスを取ることが大切なのです。

それでは最初の質問への答えを見てください。

1 今の仕事にどうして就いたのか。

2 なぜ転職したいのか。

3 転職することでどうなりたいか。

同じ答えが浮かびますか?
それとも何か変化したところがありますか?

はじめの頃の情熱を思い出して、もう一度成長した自分で向き合ってみるのも、新しい仕事に就くために今も大切にしながら一歩目を踏みだすのも、夢を描けるようになってなりたい自分を見つけるのも、 

全て自分自身。

思考を現実化することが生きているということです。

思考を大切にすると同時に心の部分も置き去りにしないで、丁寧に向き合ってみてください。
心も筋肉と同じで鍛えられますし、柔軟にもなります。

転職したくなったら考えること、それは自分自身とどう向き合うかということ。

バランスの取れた生き方を目指していけば、同じような仲間との出会いや、望んだ条件の仕事場、仕事で充実しながらプライベートでも楽しく過ごす日々がやってきますよ!

その頃にはあなたが人を後押しできるような心の力も手にしていることでしょう。

今回あげたことが全てではありません。
道筋は100人いれば100通りあります。

一緒にみて寄り添っていくことが私の役割だと思っていますので、個人的に具体的な内容をお話になりたい時はご相談ください。

ご相談はこちらから

次回は40代〜50代または、すでに独立開業している、自分を表現して個性的にお仕事をしているかたのご相談について書きますね!